SPECIAL

竜口昇/Sho Tatsuguchi
【映像ディレクターズファイル#006】

竜口昇/Sho Tatsuguchi 【映像ディレクターズファイル#006】

1991年 福岡県生まれ。男三人兄弟の末っ子。中学生の時にガス・ヴァン・サントの『エレファント』を観て洗礼を受ける。2014年、同志社大学文学部を卒業。大学のサークルで映像制作を始める。その後、映画美学校に入学し、映画作りのノウハウを一から学ぶ。美学校在学中には数本の短編映画とミュージックビデオを制作する。卒業後は自分のスキルを活かせる会社を希望し、2017年エレファントストーンに入社。

  • 映像の仕事をするようになったきっかけ
    大学時代に映像研究会に入っていて、「もっと撮りたいな」と思いました。少しだけ就活もしたんですが、「何社か受けて受からなかったら、映画美学校に行こう」と決めていたので、やる気がないのが見透かされていたのかどこも受からなかったですね。映画美学校へ通うことになって、結果的に良かったと思っています。僕は18期だったのですが、ある時、一つ下の19期にいた西牟田さん(プロデューサー)から「会社でディレクターを募集してる」という話を受けて、「やってみるか」と軽い感じでエレファントストーンに入社しました。

映像作品

KOICAMO

▼作品に関する記事一覧
架空のCM「KOICAMO」の出発点となった、マッチングアプリの広告映像の狭さについて
【レコード×映画】レコード屋が舞台になっている映画作品
【INTERVIEW】架空のCM『KOICAMO』はいかに生まれたか

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事