SPECIAL

アニメ制作の神髄とは?「PIXARのひみつ展」に行ってきた

アニメ制作の神髄とは?「PIXARのひみつ展」に行ってきた

『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』といった数々の名作を生みだしてきた、ピクサー・アニメーション・スタジオ(通称ピクサー)。あのスティーブ・ジョブズが関わったことでも知られています。

そのアニメ制作の裏側に迫る体験型の展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が、六本木ヒルズ展望台東京シティビューで開催されています。

「PIXARのひみつ展」は、2015年にアメリカで開催されて以来、これまで合計150万人以上を動員してる大人気イベントで、アジアでは今回が初とのこと。日本では9月16日(月・祝)まで行われています。

先日、筆者も行ってきたので簡単にレポートしたいと思います。

クリエイターにこそおススメな魅惑の展示の数々!

当イベントのすごいところは、「カギとなる8つの工程」を通してスタジオで行われているアニメ制作を実際に体験できること。

この8つの工程、実はピクサー最先端の科学技術が結集したかなり高度なものなのですが、そのどれもが、見ているだけでもワクワクするようなスケールの大きな展示ばかりです。

『モンスターズ・インク』のマイク&サリーと記念撮影もできちゃいます。

8つのエリアでピクサーの秘密に触れる

そんな魅力満載な「PIXARのひみつ展 」ですが、製作パイプラインにもとづき、下記の8つのエリアによって構成されています。順番どおりでなく、どこから何度でも回って楽しめます。

  1. モデリング
    スケッチをもとに「キャラクターの形を作る」
  2. リギング
    リアルな「キャラクターの動きを作る」
  3. サーフェイス
    髪や服など「キャラクターの外見を決める」
  4. セット&カメラ
    キャラクターが生きる「バーチャル世界を作る」
  5. アニメーション
    アニメーターが「キャラクターに演技をつける」
  6. シミュレーション
    プログラムで「髪や服を自然に動かす」
  7. ライティング
    照明によって「光を調節する」
  8. レンダリング
    データを2Dイメージへ変換し「上映できる状態にする」

画像はセット&カメラの様子です。

一押し!セット&カメラ

個人的に一押しの「セット&カメラ」のブース。
インテリアを自由に選択して、好みの部屋にデザインすることができます!


一枚のスケッチ画とアニメが再現された舞台セット。膨大な時間と手間がかけられたその工程を知った後だと、感動もひとしおです。

それ以外にもたくさんのコーナーが


「ライティング」エリアではボタン操作で照明を変化させ、愛くるしい『ファインディング・ドリー』のいろいろな姿が楽しめます。

「リギング」「シュミレーション」「レンダリング」については、恥ずかしながら初めて知ったのですが、数学と科学とアートが融合したその技術の高度さに、ただただ驚嘆……。とりわけ、シュミレーションによって作られる髪・衣服・人物の動きの情報量の多さには圧倒されっぱなしでした。


紙に描かれたキャラクターと物語が、生きたアニメーションになるのってほんとすごいことなのですね。ピクサー、おそるべしです!

クリエイターだけじゃない。家族連れでも楽しめる

今回のイベントを通して、前知識ゼロの筆者でも、アニメーションが具体的にどのようにして出来上がっていくかを十分に理解することができましたし、生かじりなウンチクを誰かに語りたくて仕方なくなってしまいました。

1人でも、家族連れでも、はたまたカップルでも楽しめる充実の内容になっているので、ぜひ会場に足を運んで実際に体験してみてください。

期間限定のフード&グッズもとっても魅力的!

夜22時まで開場してるので、仕事帰りにも最適です。モノづくりに関心がある人なら、必ずや得るものがあるはず!

「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」概要

会期:2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝)
開館時間:10:00~22:00(最終入場 21:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)

オリジナルグッズ付プレミアム前売券:一般 1,800円
前売券:一般 1,500円
当日券:一般 1,800円、学生(高校生・大学生) 1,200円、子供(4歳~中学生) 600円、シニア(65歳以上) 1,500円


ZOORELを運営するエレファントストーンは、「FOCUS ON YOUR HEART.(あなたの想いは、象れる)」をコンセプトに完全オーダーメイドの映像を制作しています。強みは”柔軟な編成力”と”制作の内製化”。企業紹介やWEB動画、商品・サービス紹介、観光ムービー、不動産映像、ドラマなど幅広い実績があります。動画制作・映像制作をご検討されている方はお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/コスモス武田
缶チューハイとモツ煮込みが大好き。映画とマンガと音楽が至福のツマミ。

ZOOREL編集部/コスモス武田の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事