NEWS

Instagramが「ブランドコンテンツ広告」を提供開始

Instagramが「ブランドコンテンツ広告」を提供開始

Instagramは2019年6月4日(アメリカ時間)よりブランドコンテンツ広告の配信を開始した。日本でも数週間以内に全ての広告主が使用可能になるほか、ストーリーズでも数か月以内に使用できる予定だという。

ブランドコンテンツ広告を利用することにより、ビジネス(企業・ブランド)は自社のブランドストーリーをクリエイターの声を通して発信し、新規顧客にリーチしたり、投稿の効果測定をしたりすることができるという。

また、Facebookの広告プラットフォーム内のツールを活用することで、自社のアカウントや協業しているクリエイターのアカウントをフォローしている人々以外のターゲット層にもリーチすることが可能。広告を配信して効果測定を実施し、設定目標に対する最適化やテストを行えば、より効果的なキャンペーンを策定することも可能だという。

「ブランドコンテンツ」タグ

2017年より、Instagramには投稿がタイアップであることを示す「ブランドコンテンツ」タグというものが用意されていた。

このことによって、ステルスマーケティングではなくきちんとしたPRであることを明示している。

Instagram,ブランドコンテンツ広告

上部にPaid Partnershipという表記があるのがわかるだろうか。この機能がなかった頃は、文章に「〇〇という企業からいただいたである」とか、「PR」であるよしをタグで表記することでそれをどことなく伝えていたが、きちんと差別化した格好だ。

このような機能が登場した背景は日本だけでなく「ステマ」が嫌がられることが多いからだ。

つまり、実際には金銭のやり取りがあるのにあたかも「自分のお金を払い愛用しているように」見せたり、明らかな宣伝を自然な投稿に見せかけるものが多かったからだ。

今回の機能はそれをさらに推し進めるものだ。

Sponsored表記が登場

今回の取り組みでは、上部に「広告」という表記がされユーザー側がきちんと企業側とユーザー側のパートナーシップを理解できるようになっている。また、「(ブランド名)XXXとのタイアップ投稿」と明記される。

一方、企業側はインフルエンサーを使った「インフルエンサーマーケティング」がより簡便に行えるようになる。プレスリリースによると以下のように発表されている。

  • まずクリエイターが、ビジネスパートナーが自身のブランドコンテンツを広告として宣伝できるよう設定します(アカウントの詳細設定から)
  • クリエイターが上記の設定を完了すると、ビジネスの広告マネージャの[既存の投稿]内に、クリエイターによるブランドコンテンツが表示されるようになります
  • ビジネスはその中から使用したい投稿を選択し、フィード広告として配信できます

インフルエンサーと呼ばれる人々の活躍はますます著しいものになりそうだ。

▽こちらの記事も読んでもらえたら嬉しいです。
Instagram「ストーリーズ」の動画広告制作で注意すべきこと
Instagramをビジネス活用する際のポイントは?動画でも世界観を意識

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/黄鳥木竜
大学卒業後、複数のサイトを運営しZOORELでも編集及び寄稿。物覚えは悪いが好奇心だけは人一倍強い。

ZOOREL編集部/黄鳥木竜の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事