SPECIAL

その映像、本当にクラウドソーシングでいいの?
映像制作会社選びの重要なポイント

その映像、本当にクラウドソーシングでいいの? 映像制作会社選びの重要なポイント

エレファントストーンの秋山です。

映像をつくるにあたって、「映像制作」あるいは「映像制作会社」というキーワードで検索をする方も多いのではないでしょうか。実際にエレファントストーンも、検索経由からご相談をしてくださるお客様が少なくありません。

ただ、一口に「映像制作会社」といっても数多あり、その規模や特徴はさまざまです。特に、映像業界の外側から分かりにくいのが、クラウドソーシングの会社か非クラウドソーシングの会社か、ということ。(ちなみにエレファントストーンは後者です)

今回はその点に触れながら、映像制作会社選びのポイントをお伝えしたいと思います。

クラウドソーシングの映像制作会社とは

オンライン上でクリエイターを抱えており、クライアントとクリエイターを仲介するサービスを提供している会社です。案件の内容に応じてクリエイターを選定し、制作の進行・管理をしてくれます。

大きく2つのメリットがあります。

低コスト

なんといってもこれでしょう。フリーランスとして登録しているクリエイターが多いため、広告代理店や映像制作会社などに依頼をするよりも安く制作をすることができます。予算が少なく、できるだけ費用を抑えたい場合におすすめです。

短納期

ご希望の納期に対応できるクリエイターを選べるため、スピーディーに映像を制作したい場合はおすすめです。

でも、その映像、クラウドソーシングでいいのでしょうか?

実はこれまでに、「クラウドソーシング会社に依頼をしたら、うまくいかなかった」「イマイチなクオリティだった」というお客様からご相談をいただくことがありました。

というのも、クラウドソーシングの特性上、選定されるクリエイターによって、仕上がりのクオリティに差がでてしまうケースが無きにしも非ずなのです。

また、クリエイターと直接会って話す機会もほぼないため、具体的な要望がうまく伝わらずに、完成した映像がイメージと違ったなんていうことも。

このように良い面、悪い面がありますから、制作したい映像の内容によって、クラウドソーシングが最適な場合もあれば、そうではない場合もあります。その使い分けができるように、サービスの見極めるのが重要といえます。

一緒に、最高の映像を目指したい

エレファントストーンは「FOCUS ON YOUR HEART. あなたの想いは、象れる」をモットーに、お客様が映像を作る目的や、映像イメージなどを詳しくヒアリングをして、企画書・絵コンテ作成→撮影→編集→納品まで社内でワンストップで制作しています。

業界の種類や作りたい映像の雰囲気に合わせて制作チームを構成し、みんなで一丸となって、期待を超える映像の完成を目指していくスタイルです。

先ほど紹介したクラウドソーシング会社とは、「安さ」や「スピード感」では柔軟性が劣るかもしれません。

ただ、
・コンセプトや企画から一緒に考えてほしい
・映像のプロとしていろいろな提案をしてほしい
・打ち合わせをしっかり重ねて、イメージ通りの映像を作りたい
・クオリティの高い映像を作りたい
という風に考えていらっしゃるのであれば、お力になれると思います!

実際にこれまで映像を制作させていただいたお客様にインタビューをした記事がこちら。少しでも興味をお持ちでしたら、一度読んでいただけたら嬉しいです。
アネスト岩田株式会社様
長南町役場様
株式会社ツクルバ 様
長生村役場様

エレファントストーンへの映像・動画制作に関するご相談は無料です。(大らかなプロデューサーが対応しますよ!)これまでに映像を作ったことがない、という場合でもお気軽にどうぞ。

この記事を書いた人

秋山真衣
エレファントストーンのWebマーケター。山梨県南アルプス市出身。

秋山真衣の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事