SPECIAL

『長生ノスタルジア』 第5回 富士 湖畔の映画祭2019を監督がレポート

『長生ノスタルジア』 第5回 富士 湖畔の映画祭2019を監督がレポート

こんにちは! エレファントストーンの安田です。

監督した作品『長生ノスタルジア』が、野外上映イベント「第5回 富士 湖畔の映画祭2019」にて上映されることになりました。完成披露上映会以来では初、さらには映画祭では初めての上映ということで、映画祭に行ってきました!

今回は一人での参加となりましたので、監督自らレポートしていきたいと思います。

◎湖畔の映画祭とは?

今年で5年目を迎える『富士 湖畔の映画祭』は、富士山の麓に位置する本栖湖で毎年行なわれているイベント。インディペデント映画を中心とした上映に加えて、音楽イベントなどが行なわれます。

上映作品には、片山慎三監督の『岬の兄妹』、齊藤工監督の『バランサー』、いま話題の『メランコリック』など30本以上がラインナップ。大自然の中で映画鑑賞という非日常感を味わえる、魅力的な野外上映イベントです。

本栖湖キャンプ場は富士山の麓、長生村から約200km、車で3時間ちょい。

◎『長生ノスタルジア』が上映される7月27日は「土用の丑の日」

この日は「土用の丑の日」ということで、富士吉田市の老舗「うなよし」さんへ。

見てください、この神々しいうな重を。

身がとても柔らかい! 今まで食べたうなぎの中で一番美味しかったです。

◎会場に到着

会場に着いたのは夜の7時。

本栖湖の夕日は間に合わず、本栖湖はすっかり暗くなっていました。総合受付で入場パスを受け取り、早速上映会場に向かいます。

垂れ幕にサインを書かせていただきました。

◎映画祭の様子

台風6号の影響で雨と暴風がすごく、めちゃくちゃ寒い。夜風を感じてくつろぎながら映画を観られるのかな、と想像してた野外映画フェスとは全然違うぞ・・・

悪天候のため会場が変更になり、総合受付横に急遽スクリーンを設置しての上映となるなど結構大変な感じの映画祭に。

話題作「岬の兄妹」アフタートーク。たくさんの観客で埋め尽くされています。
みんなポンチョ着たりして寒さをしのいでいました。

廃校になった中学校の体育館を上映会場とした「Indoor Theater」

こちらは室内でスクリーンも大きく羨ましい。
ときおり校舎を叩く雨の音や風の音もいい効果を出していました。

いよいよ『長生ノスタルジア』の上映

上映時間は23時50分から。この日最後の上映作品でした。
こんな遅い時間まで残ってくれる人はいるのだろうか?

・・・思っていたよりも多くの方に観てもらえました。(よかった!)

上映後、アフタートークをさせていただきました。

アフタートークでは企画の成り立ちやキャスティング、撮影の裏話など時間の許す限りいろいろお話しました。お客さんも悪天候の中、最後まで残っていただいてありがとうございました。

焼きそばも美味しかったです。

今回、初めて「湖畔の映画祭」に参加しましたが、とても面白い映画祭だなと思いました。晴れたらとても気持ち良いんだろうなー(翌日は快晴だったそうです)

また来年も参加できるよう作品を作っていきたいです。

上映した映画『長生ノスタルジア』はPCでもスマホでもご覧いただけます。多くの人に観てもらいたい作品なので、是非ともよろしくお願いします。

千葉県長生村 presents 映画『長生ノスタルジア』(本編フル)

それではまた!

▼こちらの記事も読んでもらえたら嬉しいです。
映画『長生ノスタルジア』完成披露上映会 & 舞台挨拶レポート

この記事を書いた人

安田瑛己
エレファントストーンのディレクター。1987年生まれ、東京都出身。

安田瑛己の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事