SPECIAL

新機材「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」(通称:BMPCC4K)の導入レビュー

新機材「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」(通称:BMPCC4K)の導入レビュー

今年の4月に”Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K (通称:BMPCC4K、ブラマジ)”というカメラが新たにエレファントストーンの機材仲間に加わりました。リーズナブルで小型・軽量ながら、映画やMVのようなハイエンド撮影に対応できる高性能を誇るデジタルシネマカメラです。

今回はそんなBMPCC4Kの使用レビューを書きたいと思います。

BMPCC4Kを使ってみた感想

先日、バンドのライブを撮影する際にBMPCC4Kを使用しました。実際に使用してみての、長所と短所は下記の通りです。

長所

・ディスプレイが大きく、タッチパネルのUX(ユーザーエクスペリエンス)が優れており直感的に操作がしやすい(可動式ではないため、カメラアングルによってはモニターを覗きづらいですが)

・映像編集に最適化された収録形式であるProRes形式で撮影ができるため色味の心配もなく、ポストプロダクションへのワークフローがスムーズ。(注目のBlackmagic Raw形式も非常に優れているという声を聞きますが、今回は使いませんでした)

・外付けSSD収録
∟SDカード、CFast2.0での収録もできますが、収録する情報量が多いためオススメはしません。

・グリップが持ちやすく使いやすい

短所

・バッテリーの減りが早い
∟これは購入前から予想されたことですが、30分間、録画状態でカメラを回し続けた結果、バッテリーチェンジが必要になりました。しかし別途のバッテリーグリップを購入すれば、ある程度改善することは可能だと思います。

・ボディ内手ブレ補正
∟今回は三脚を用いた撮影だったため、この問題は気になりませんでしたが、レンズの手ブレ補正に頼るしかないため、手持ち撮影の際はレンズやアクセサリーのチョイスなど工夫が必要になると思われます。

エレファントストーンの主力のカメラたち

次に、現在エレファントストーンが所持している主力のカメラをご紹介します。BMPCC4K以外に3台の主力のカメラがあります。

1、RED SCARLET-W 5K:16.5STOPの圧倒的ダイナミックレンジ(映像の明暗差への強さ)を有する。最大5K収録で、4Kの場合120fpsも可能。独特の空気感を映し出せるルックにはファンが多い。
2、Canon EOS C200:Cinema RAW LightというRAW収録とmp4収録の併用が可能。オートフォーカス性能が非常に優れており、内臓NDも併せてドキュメント撮影体制でも使い勝手が良い。
3、SONY α7SⅡ:2015年発売ながら、未だ他の追随を一切許さない最高ISO409600の圧倒的高感度を有する、「最も暗い場所に強い」業界定番の一眼レフカメラ。国際宇宙ステーションの船外カメラにも採用された。

どのカメラが劣っている、どのカメラが一番性能が良い、ということはありません。「クオリティが高い映像を作りたいから5KのREDを使おう」というのはやや安直。

エレファントストーンでは撮影内容、最終的なアウトプットの形式合わせてベストなカメラ選定をしています。

他カメラのいいとこ取りをしたBMPCC4K

どんなカメラにも長所と短所が伴うように、上記でご紹介した主力のカメラにも一長一短な点はあります。

例えば、Canon EOS C200は、高品質なRAW収録が可能ですが、このCinema RAW Lightは大容量かつ、PCへの負荷が高いため、そのままでの編集は厳しく、一旦別の形式に変換してから編集をしなければなりません。

また、SONY α7SⅡは、小型・高感度で照明無しでも明るく撮影ができるため撮影時の取り回しはききますが、上記RAW収録可能なカメラに比べるとかなり圧縮された情報量での収録しかできないため、編集時の制約が大きいです。

これらに比べると、小型・軽量でありながら、Blackmagic RAWでの高品質収録が可能で、かつ同じRAW収録でもCanonのCinema RAW Lightに比べてかなりPC負荷が少なく編集時も扱いやすいというBMPCC4Kは、これまでになかった価値を提供してくれるカメラとなりそうです(しかも非常にリーズナブル!)

まとめ

BMPCC4Kは、その価格から考えると信じられないほどの品質をその小さな筺体の中に詰め込んでいます。しかし、バッテリーの持ちがとても悪かったり、手持ち補正が無かったり、タッチパネルディスプレイ主体の操作なのは好みが大きく分かれるところ。そういう意味で、多少の困ったところはありながらも、条件が整えばメチャクチャ活躍してくれるという遊び心のあるカメラと言えるでしょう。

これから、様々な案件で楽しみながら使いこなしていきたいと思います。

▼こちらの記事も読んでもらえたら嬉しいです
Canon「Cinema RAW Light」収録とグレーディング

この記事を書いた人

安藤興作
エレファントストーンのディレクター。新潟県長岡市出身。

安藤興作の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事