SPECIAL

映像作品「OVERLOAD」の制作を振り返る【bacter】

映像作品「OVERLOAD」の制作を振り返る【bacter】

今回制作した映像作品「OVERLOAD」は、いままで自分がやりたかったこと、好きなことを存分に詰め込みOVERLOAD(超過負荷)した作品です。

 車の撮影について

「OVERLOAD」の企画のコンセプトは、「照明とスモーク」

照明とスモークを使ってかっこいい映像を制作するということでした。

 

肝心な被写体をどうするのか、一体何を撮ればいいんだろう。

 

いくつかアイディアを出してみても納得できない日々が続き、

映像公開日の一ヶ月前まで悩み続けていた。

 

ある日、遠方の撮影で車を運転していた時だった。

帰りの高速道路では渋滞が起こっていた。

自由を拘束された私は次第に苛立っていく。

 

「車って確かに便利だけど、渋滞にハマってしまえばただの鉄の塊。

急にハンドルを切ってしまえば人が何人も死んでしまう。

リスキーな移動手段だなぁ・・・」

 

なんて思いながら走らせていくと次第に眠くなっていく。

瞬間に人が死ぬイメージがフラッシュバックする。手に汗握る。

 

そしたら、天からアイディアが降りてきた。

車を撮りたい!

 

撮影について

今回撮影で使用したスタジオは、横浜の新吉田町にある「a-studio」。

黒ホリで車を入れられるスタジオは、他にここしかなかった。

 

今回撮影で使用した車は、スタジオ担当の方の私物をお借りしました。

前日での連絡でしたが、即座に対応していただきました。

本当に感謝しています。

 

 

ドローイング

車の扉から出現するアニメーションは、

私が日々描きためていたドローイングを元に制作しました。

 

地元の駅で見た白骨化したカラスの死体に衝撃を受け、

その死体を元にずっとドローイングしてきました。

 

作品自体に完成はなく、感情赴くままに良いと思うまでペンを止めず描き続ける。

作品数は2000枚を超え、気に入ったものはデータ化し、

いつか何かに使えないかと温めていました。

 

今回そのドローイングをエディターの沼田くんに相談し、

アニメーション化してもらいました。

煙のような動きで感染力があって死をイメージさせるようなモノに仕上げました。

 

 

最後に

今回の映像企画は、表現の実験だったと思う。

他で見たことない新しいものやオリジナルな要素を求めた。

 

そうしたことにこだわるが故に制作が遅くなってしまい

スタッフに迷惑をかけてしまうことが多々ありましたが、

次の作品を作るためには必要な作品だったと思う。

 

本編を観る:「OVERLOAD」

記事を読む:「OVERLOAD」のインスピレーションを得た作品

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

RELATED ARTICLES 関連記事