NEWS

Instagramの新機能「Spark AR」

Instagramの新機能「Spark AR」

アメリカのFacebook社は、Instagram(インスタグラム)の「Spark AR」という新機能のパブリックβ版の公開を発表しました。(現地時刻2019年8月13日)「Spark AR」は2018年にクローズドβ版が公開されており、一部のユーザーのみ使用可能でした。そして今回、パブリック版が公開され全てのユーザーが使用可能となりました。

今回は「Spark AR」とは何か、Instagramでの新たな宣伝方法などをご紹介したいと思います。

「Spark AR」とは?

「Spark AR」は、カメラエフェクトのARを自作しInstagramで公開することができます。自作だけでなくクリエイターが作成したエフェクトやフィルターを使用することも可能です。

ここで改めて、ARについて簡単にご説明したいと思います。

ARは「Augmented Reality」、日本語では「拡張現実」を指します。実在する風景にコンピュータで構築した仮想現実を反映させることで、拡張された新しい現実を私たちに提供するテクノロジーです。

ARを使用した有名なアプリとして、公開当初から人気を誇る「ポケモンGO」やARを使って家具の大きさを測ることができる「Measure」などがあります。また、「Spark AR」のようなARのカメラアプリとして「SNOW」が若い年齢層に人気です。

「Spark AR」の使用方法

次にクリエイターが制作した「Spark AR」の使用方法について書きたいと思います。

1.ストーリーズ専用のカメラを起動し、画面右下の顔アイコンをタップ
2.エフェクトトレイの最後に表示される、虫眼鏡のマークの[他のエフェクトを閲覧する]をタップすると、「エフェクトギャラリー」が開き、クリエイターが作成したエフェクトが閲覧できる
3.気になったエフェクトをタップすると、そのエフェクトを使用したサンプルが表示され、画面左下の[試す]をタップするとエフェクトを適用した際の撮影画面が起動
4.同じく画面下部のダウンロードボタン[↓]をタップすると、先程のエフェクトトレイにそのエフェクトを追加できる

プロモーション面での今後の期待

「Spark AR」の正式版が公開されれば、利用ユーザーの多いInstagramでARを用いた新たなプロモーションができるのではないかと期待されています。
現在、FacebookではARを利用したプロモーションが行われており、あまりに目にする機会は少ないかもしれませんが、映画やドラマの宣伝に用いられています。

事例紹介

▼「ジェラシック・ワールド」(イギリスThe Mill社制作)

リアルな恐竜が自分の後ろを走ったり、吠えたりと高クオリティのARを楽しめます。制作中の映像もおもしろい!

イギリスのThe Mill社では、この他にもさまざまなARを制作していらっしゃるので、ご興味がある方は他の作品も見てみてください。

▼「MAYBELLINE NEW YORK」

こちらはFacebookではなく、専用のアプリでのARプロモーションです。日本でも人気の高い化粧品メーカー、メイベリン・ニューヨークのネイルを自分の爪を撮影して試すことができます。

まとめ

ARを使用したプロモーションは、まだまだ事例が少ない現状です。特に日本では、ARを用いたプロモーションの普及率が低いため、新しく話題性を集めることが期待できるかもしれません。また、InstagramでARのプロモーションが導入されれば、ターゲット層が若い年齢層となりFacebookとは異なったアプローチがされるのでは? と新たな可能性を秘めています。

「Spark AR」は個人での利用だけでなく、自作したARを共有し多くの人に使用してもらえるという点があり、制作することも楽しめるます。また、流行に敏感な若者が多く、5大SNS(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、LINE)の中で、最もユーザー数の伸びが大きく急成長しているInstagramでの、新たなプロモーション方法がARによって期待できると思いました。

▼「Instagram」に関する他の記事はこちら
Instagramが「ブランドコンテンツ広告」を提供開始

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事