NEWS

地域の”ありのままの魅力”を映像化する
映像制作サイト『フィルさと』がリリース

地域の”ありのままの魅力”を映像化する 映像制作サイト『フィルさと』がリリース

ZOORELを運営しているエレファントストーンは、地方創生や観光PR、まちづくり、移住促進といった多彩な映像の制作サービスを提供するWebサイト『フィルさと』を10月よりオープンし、サービスの提供を開始しました。

『フィルさと』オープンの背景

https://www.filsato.com
コンセプトは「ふるさとから新しいストーリーを。」

フィルムとふるさと。合わせて、フィルさと。
フィルさとは、地域のありのままの”姿”を映像にするサービスです。

私たちはこれまで、日本各地の地方自治体のご担当者様や地方創生事業のご担当者様と一緒になって、映像制作を行ってきました。その中でよく耳にしてきたのは、「うちのまちって、何もないからねぇ」という言葉。

「名所も名産品も名物も、何もない」

「他の地域と比べて魅力的だといえるものがない」

本当にそうでしょうか?

地域のみなさんが”当たり前”だと思っているモノやコト。私たちが客観的な視点からまちを見つめてみると、そんな”当たり前”の風景や日常の出来事が、とびっきり魅力的だなぁと感じるのです。

地方PRや地域プロモーションというと、いわゆる「バズムービー」など、まちをユニークにおもしろく表現する動画が大きな話題を集めます。そうした動画はもちろん素晴らしいですが、『フィルさと』は、派手さや見栄えのみを重視して一時的に注目される動画ではなく、地域のありのままの魅力を最大限に引き出して、人の心に残るようなあたたかい映像を制作することを大切にしています。

じっくり時間をかけて話を伺い、まちを歩き、地域のみなさんの想いに寄り添いながら、一緒になって映像をつくりたい。そんな想いから『フィルさと』を開設し、サービス提供をスタートしました。『フィルさと』を通して、あなたのまちの魅力を再認識していただけたら何よりです。

自治体のみなさんと作った映像作品のご紹介

これまでにもたくさんの自治体のご担当者様と一緒に、さまざまな映像作品作りをしてきました。ここではその中から2つ、作品をご紹介したいと思います。

■『長生ノスタルジア』千葉県長生村 プロモーション映画

「うちの村には動画で紹介するような名所や食べ物がない」という長生村役場の方々の声を受け、「では村を舞台にした物語を作ったら、登場人物の感情に共感してもらえて、舞台となる長生村の良さも伝わるのでは」というエレファントストーンの監督の提案により、地方プロモーション”動画”ではなく、プロモーション”映画”を制作するに至りました。

▶︎映画『長生ノスタルジア』安田瑛己監督インタビュー

■『長南町公式プロモーションビデオ』/千葉県長南町

町役場の広報担当職員を主人公とし、彼女がまちのあちこちを取材して魅力を一冊のノートにまとめていくというストーリーの動画です。

▶︎長南町役場のご担当者様へのインタビュー記事

映像作品にまつわる豊富なコンテンツを用意

フィルさとでは映像作品や映像制作にまつわる豊富なコンテンツをご用意しています。

【映像作品の紹介】
これまでに制作してきた地方PR動画や観光プロモーション映像などの作品を多数ご紹介しています。作品の説明や思い出の写真とあわせてお楽しみください。

【ものがたり】
制作秘話や地域の訪問レポート、お客様インタビューなど映像作品にまつわるエピソードをさまざま角度から切り取って記事にしています。

ものがたりを読んでぐっときたら、「ぐっと!」ボタンでおしえてください。1回だけではなく、お気の済むまで何度でも「ぐっと!」することができますよ。

【作りかた】
どのような流れで映像制作を行っているのか、はじめて映像をつくる方でも具体的なイメージをしていただけるように制作フローを説明しています。エレファントストーンのメンバーがイラストになって登場するアニメーション動画にもご注目!

【同郷の仲間たち】
北海道から沖縄まで日本各地から集まっているエレファントストーンの仲間たちのプロフィールを掲載しています。あなたがお住まいのまちの出身者もいるかもしれません。

【おいくら?】
地域の一つ一つに魅力とストーリーがあるため、料金プランも千差万別です。そのため、フィルさとは完全オーダーメイドで映像を制作。決まった枠に縛られず、ご希望の費用に寄り添って、制作プランをご提案いたします。

【よくある質問】
映像や映像制作に関してよくある質問にお答えしています。このほか何か気になる点や疑問がございましたら、無料相談も行っているのでお気軽にご相談くださいませ。

フィルさとのメイン担当「比嘉(ガーフィー)」コメント

みなさまこんにちは!比嘉(ガーフィー)です!

実際にその地域に住まれている方が「この街に生まれてよかったなあ」と、
自分の「ふるさと」を誇りに思ってもらえるような映像を作りたい!

そんな思いでフィルさとを開設しました。

 

好奇心旺盛なスタッフがあなたの街に何度も通い、
何を対象にするか、どんな映像表現が最適か、
心ゆくまで話をして、映像を制作します。

難しく考えないでいいんです。
軽くおしゃべりする感覚でお聞かせください。
あなたのふるさとのこと。そこから、新しいストーリーを作っていきましょう。

あなたのまちの「ふるさと自慢写真」も募集開始

フィルさとの開設とあわせて「ふるさと自慢写真コンテスト 紅葉編」キャンペーンも開始します。あなたのまちの紅葉が魅力的な写真を大募集。ただし、応募作品は応募者本人が撮影し、著作権を持っている写真に限ります。

審査はフィルさと運営事務局で行ない、入賞作品は2019年12月中旬にフィルさとで紹介させていただきます。フィルさとのトップページ下部、キャンペーンバナーよりご応募ください。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事