SPECIAL

ライブ・コンサートに特化したおすすめYouTubeチャンネル4選

ライブ・コンサートに特化したおすすめYouTubeチャンネル4選

こんにちは、エレファントストーンのディレクター菅野です。

弊社には、音楽好きの社員が多く、よく音楽やMVの話をするんですが、今回は僕が最近気になっている音楽系のYouTubeチャンネルをご紹介します。音楽系のチャンネルといっても、アーティスト自身のチャンネルやレコード会社のもの、音楽フェスのものなどさまざまですが、今回はコンサート・ライブに特化したチャンネルをいくつかピックアップしました。

NPR Music Tiny Desk Concerts

まずは「NPR Music Tiny Desk Concerts」。

アメリカの公共ラジオ放送NPRの音楽部門の事務所の一角で撮られているんですが、とにかく狭い。その狭さもあってかアコースティック的な編成になることも多く、音源や通常のライブと違うアレンジで聴けたり、アーティスト自身もある種気軽な感じでパフォーマンスしていたり、楽しく見ることができます。

個人的には今は亡きMac Millerの回が祝祭感あってオススメです。日本からもCorneliusが参加しています。

COLORS

COLORSはベルリン発のプロジェクトで、目を引くのが一色に統一された空間です。

アーティストごとに色は変わりますが、基本的に空間は全て一緒。Blood Orangeのように花を持ってみたり、

Mac Demarcoの様に椅子を使ってみたり、

Jojiの様に背景と衣装の色を揃えたりと、同じ様な環境でパフォーマンスをするから見えてくる微妙な差異からそのアーティストに対する新たな発見があったりします。

現在270本近い動画があがっていて、今まで知らなかった魅力的なアーティストを新たに発見できるかもしれません。

ONSTAGE・Spincoaster

COLORSのように空間に特色があるのが、ONSTAGEです。韓国のチャンネルで、動画の特徴としてはスタジオの中央に立方体のモニュメントが設置されていて目を引きます。

出演アーティストも多彩で韓国の音楽を知る良いきっかけになりそうです。

日本でも音楽情報メディアであるSpincoasterがTOKYO SOUNDSというシリーズを展開していて、国内外さまざまなアーティストのライブを聴くことができます。バイノーラル録音で収録されていて他のチャンネルとは一味違う臨場感が特徴です。

まとめ

YouTubeは個人の見ている動画の傾向をもとにオススメの動画をトップページに上げてくれますが、それを見ているだけだと自分の好きなものだけにだんだんと偏っていってしまうと思います。

それはそれで楽しいですが、たまには新しいチャンネルを覗いてサムネを見てなんとなく気になった動画をクリックすると新しい発見があるかもしれません。

▼この記事を読んだ人に読んでほしい記事
ダサ良いミュージックビデオ4選

この記事を書いた人

菅野圭亮
エレファントストーンのディレクター。1990年生まれ、愛知県出身。

菅野圭亮の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事