SPECIAL

映画愛を感じる。オススメの映画レビュー系YouTuber

映画愛を感じる。オススメの映画レビュー系YouTuber

こんにちは。エレファントストーンのディレクター 安藤です。

皆さんは映画を観た後はなにをしますか?

僕は他人の評価が気になってしまうので、ついつい映画レビューサイトを観てしまいます。(ロッテン・トマトとかFilmarksとか)

新作映画を観て「こりゃ傑作だ!」と思ってユーザーレビューを見てみると、酷評されていたり、傷つくような内容のレビューを目にしてしまったり、まるで自分のことのように寂しくなってしまうことがあります。

そもそも映画は、点数などで評価するものではないのですが、他人の評価って時に新しい発見があったりして、気になってしまいますよね。

今回は、誰も傷つけない映画愛に溢れる個性的な映画レビューYouTuberをご紹介します。

新作レビューを公開日当日にあげる『最新映画感想レビュー・茶一郎』

最新映画の感想を不定期でレビューする茶一郎氏。

素人とは思えない理路整然とした喋り口調と、『Filmarks』でのレビューが1400本以上を裏付ける豊富な知識による素晴らしい映画のレビューをしています。

彼のネタバレ解説を観たいがために映画館に行くようなところもあります。

独自の視点で映画を語る『シネコト【映画・海外ドラマレビュー】』

日本でまだ公開されていない映画・海外ドラマをいち早くレビューする「シネコト」。まだチャンネルを開設して2ヶ月しか経っていません。

アップしている映像のクオリティーや知識量をみても、ただの素人とは思えないミステリアスなレビュアーです。

ネットや監督の発言、インタビュー記事に載っていないような独自の解説をするので観ていて面白いです。

癒し系映画批評家YouTuber『Nobi Nobi Movie』

公開日の前日毎週木曜日に映画レビュー動画をあげる『Nobi Nobi Movie』。

名前の通り、のびのび映画をレビューしています。映画に関わる仕事をされているみたいなので、本格的な映画レビューはもちろんなのですが、一番の魅力はNobi Nobiさんが喋っているところです。喋ってるだけで何故か心が暖かくなります。

また、数あるレビュー動画の中でも映画『ドクタースリープ』のレビュー動画の冒頭の寸劇が大好きです。深夜にみるのが一番いいです。

まとめ

今の時代は、ネットのおかげで映画を観る前も観てる時も観た後も楽しめるメディアやコンテンツがたくさんあって楽しいですよね。この記事を見て、より映画が興味深いと思っていただければ嬉しいです。それでは、また!

▼YouTuberにまつわる他の記事はこちら
自称仙人の弟がYouTuberになったので、会いに行ってきた
ライブ・コンサートに特化したおすすめYouTubeチャンネル4選

この記事を書いた人

安藤興作
エレファントストーンのディレクター。新潟県長岡市出身。

安藤興作の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事