SPECIAL

2020年公開予定からおすすめ映画を厳選。公開スケジュールは?

2020年公開予定からおすすめ映画を厳選。公開スケジュールは?

クリント・イーストウッド監督の最新作『リチャード・ジュエル』を先日映画館で鑑賞してきたのですが、涙なしでは見られない素晴らしい作品でした。皆さんも、劇場に足を運ばれているでしょうか?

2020年は、気鋭の注目作やあの大作の最新作などおもしそうな映画が目白押しです。個人的にも楽しみな作品ばかりで、スケジュールを眺めて頬が緩みっぱなしなのですが、今回は、今年公開される映画の中でもおすすめの作品を5本ほどご紹介させていただきたいと思います。

『ミッドサマー』(2020年2月21日公開)

現代ホラーの頂点との呼び声も高い『へレディタリー/継承』(2018)で世界中を震えあがらせたアリ・アスター監督の最新作。

本作の特筆すべき点は、ホラー映画の“惨劇は暗闇で起きる”という固定概念を覆す、白昼に起こる恐怖。

前作『へレディタリー/継承』は、ここ数年で見た作品の中でも1、2ををあらそうくらい怖い作品だったので、それだけに「衝撃のフェスティバル・スリラー!」と前評判が非常に高い本作への期待は大きく、個人的にいま一番楽しみな作品です。

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2020年4月10日公開)

スパイ映画といえばこの作品。前作『007 スペクター』(2015)から5年あまり。

世界一有名なスパイであるジェームズ・ボンドの奮闘を描く『007』シリーズの最新作が、4月に満を持して公開されます。

2006年発表の『007 カジノ・ロワイヤル』以降ジェームズ・ボンドを演じているダニエル・クレイグですが、本作での勇退が決まっています。

個人的には、007シリーズは音楽が大好きなんです。有名なジェームズ・ボンドのテーマ曲はもちろんですが、シリーズの主題歌も名曲揃いで、毎回楽しみにしています。本作『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』では18歳にしてグラミー賞5冠の偉業を成し遂げたビリー・アイリッシュが担当しており、音楽ファンも見逃せない作品になっています。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(2020年6月27公開)

すべてのファンが待ち望む『エヴァンゲリオン新劇場版」シリーズ全4部作の最終章がついに完成!

私は思春期にテレビ放映が開始された「エヴァンゲリヲン」(1995)と出会い大きな衝撃を受けた世代なので、エヴァンゲリオンシリーズに先がけて庵野さんが『シン・ゴジラ』(2016)の総監督を務めた時は、正直なところ「完結しないのではないか?」と不安でたまりませんでした。

同じくリアルタイムで出会い大ファンであるロックバンドのニューアルバムも、発売が決まるたびに延期され、20年以上待ち続けているのですが、碇シンジ役の緒方恵美さんによるとすでに打ち入り(決起会)が開催されいるようなので、今回ばかりは安心していいようです。

タイトルにある「:||」もすごく意味深。いまから待ちきれない気持ちでいっぱいです。

『トップガン:マーヴェリック』(2020年7月10日公開)

トム・クルーズをスター俳優へと押し上げた不朽の名作の続編が、今年の夏にいよいよ公開されます。

1986年公開の『トップガン』は、アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校“トップガン”を舞台に、トム・クルーズ演じる天才肌でプレーボーイなマーヴェリックの栄光と挫折、そして恋模様を描いた輝かしい青春群像劇。

本作でも、トム・クルーズはもちろん続投します。現役を退き、次世代のパイロットを育成する教官となったマーヴェリックを中心に描かれているよう。往年のファンも、そうでない人も楽しめること間違いなしで、期待大です!

『TENET テネット』(2020年9月18日公開)

『ダークナイト』(2008)、『インセプション』(2010)、『インターステラー』(2014)など重厚かつ壮大な作風で映画ファンを魅了するクリストファー・ノーラン監督の最新作。個人的にもとても好きな監督の一人です。

本作では、クリストファー・ノーラン自ら「国際スパイが世界を股にかける大作アクション」の脚本を執筆。主演を務めるのは、2018年の『ブラック・クランズマン』で注目を集めたジョン・デヴィッド・ワシントン。今年の中でも最注目の作品です!

以上5作品を紹介いたしました。これ以外にも楽しみな映画が多いです。どんな作品が話題になるでしょうか、今から楽しみですね。

▼映画に関するこちらの記事もおすすめ
映画愛を感じる。オススメの映画レビュー系YouTuber
“セルフドキュメンタリー映画”とは? Netflixでも観られる最新作品もご紹介!

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/コスモス武田
缶チューハイとモツ煮込みが大好き。映画とマンガと音楽が至福のツマミ。

ZOOREL編集部/コスモス武田の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事