NEWS

<一社限定>映像制作会社エレファントストーン「ベンチャー/スタートアップの応援キャンペーン」を実施

<一社限定>映像制作会社エレファントストーン「ベンチャー/スタートアップの応援キャンペーン」を実施

こんにちは。株式会社エレファントストーンの代表取締役 鶴目です。

当社は2011年の創業以来、映像制作を通じて業界問わずさまざまな企業の課題解決をお手伝いしてきました。現在約30名のスタッフが在籍する当社は、企画から撮影、編集までワンストップで対応するスタイルで映像を制作しています。

そんな当社ですが創業以来はじめて、ベンチャー/スタートアップの挑戦、成長を応援するキャンペーンを実施します。

キャペーン概要

<一社限定>50万円でベンチャー/スタートアップの「企業ブランディング映像」を制作します。

50万円でヒアリングから企画、撮影、編集までを社内でワンストップで対応。お客様のニーズやイメージにできる限りお応えしながら、完全オーダーメイドかつハイクオリティな企業ブランディング映像を制作します。

ただし、今回のキャンペーンはベンチャー/スタートアップの一社限定です。ご応募いただいた中から、共に刺激し合い成長していけると判断した魅力的な一社を厳選させていただきます。

※撮影は1日です。
※車両費およびスタンダードな撮影機材費(カメラ、レンズ、三脚等)、編集費を含みます。
※上記以外のご要望・ご相談がございましたら、担当者よりご案内をさせていただきます。

【適用条件】
(1)制作実績の掲載:
完成した映像を当社の制作実績として各種Webサイト、SNSへ掲載させていただきます。

(2)制作インタビューの掲載:
映像の完成後に制作インタビュー(約1〜1.5h)を実施させていただき、制作実績と併せて各種Webサイト、SNSへ掲載させていただきます。

(3)セミナー/イベント登壇:
当社が今後開催するセミナー/イベントへご登壇をお願いする可能性がございます。その際はぜひご協力をお願いいたします。

映像ベンチャーとして組織課題にぶつかってきた

エレファントストーンは2011年に創業し、現在9期目。従業員は約30名いて、代官山にバーカウンター付きのオフィスを構えています。でも、ほんの4年程まで従業員が6名の組織でした。今のようなオフィスもなく、マンションの一室を拠点にして働いていたんです。

そのため創業期に直面する課題と、組織の成長過程で直面する課題の双方に立ち向かってきていて、なおかつ今成長フェーズにあるのは、当社の大きな強みといえます。

私たちが苦悩しながら組織課題を乗り越えてきたらこそ、同様の課題にこれから直面するであろうスタートアップ/ベンチャーのみなさんの力になれないだろうか。これまで培ってきた知識と経験をフル活用してサポートしたい。

そんな想いから、今回の応援キャンペーンを用意しました。一緒に成長して喜びを感じられたら、お互いにとって素晴らしい機会になるのではないかと思います。

あらゆる組織課題は、「ブランディング」で解決できる

今みなさんは、こんな課題に直面していませんか?

□知名度がなくて人材採用が難航している
□なかなかマッチする人材が採用できない
□採用した社員が定着しない
□創業メンバーと新しく入社したメンバーの間に溝が生まれつつある
□社員のベクトルが揃わず、組織に一体感がない
□他社と比較した自社の強みが分からない
□お客様にも社員にも自社の魅力が伝わっていない

いずれも、企業が前進、成長しているならば必然的にぶつかる課題です。

そして実はこれらの組織課題は、すべてブランディングで解決できます。
継続的に成長している企業は、例外なくブランディングに力を入れています。

ブランドを構築することとは、要するに「自社の強み」「他社にはない魅力」「誰に対してどのような価値を提供しているのか」が明確に定義されていて、それが社内外に浸透している状態です。この状態になっていると、上述したような組織課題は解決されやすいといえます。

そもそもブランディングという言葉に対して新しいモノを取ってつけて魅力的に見せるようなイメージを抱かれるかもしれませんが、それは本質的ではありません。

ブランディングはそうした表層的なものではなく、企業がもともと持っている原石を見つけて出して、磨き上げることと当社は捉えています。その原石に磨きをかける方法として当社がご提供できるサービスが「映像」なのです。

伝えたい世界観やメッセージを言葉だけではなく映像でビジュアル化することで、より社内外へ伝わりやすくなるのです。

あなたの企業の文化、人、サービス。「映像」で最大限に表現します

これまで業界業種、規模を問わず様々なお客様とお仕事をさせていただいてきた中で、「自分たちの強み、魅力が分からない」「うちなんて、何もないよ」という方々もいらっしゃいました。

でも、私たちが第三者の視点からみてみると例外なく、「御社のここって、すごい!」という発見があります。

その業界や企業で働く人にとっては当たり前で気が付かないところに、きらりと光る原石があったりするのです。私たちはその原石を見つけて、「映像」で最大限表現させていただきます。

世の中にはまだまだ知られていないけれど「会社を成長させていこう」という情熱を持っている人。「もっといい会社にしたい」と日々試行錯誤している人。私たちは、そういう人たちと一緒になって、お互いに持っている力を発揮しながら「いい映像を作りたい」と本気で思っています。

実際にそんな取り組みをさせていただいたのが、株式会社ツクルバ様です。こちらは、数ある中古・リノベーション住宅の中から理想の「一点もの」との出会いを提供し、あなたらしい暮らしを実現させるためのサービス「cowcamo」のブランディング映像です。

「会社が急成長していく中で、『cowcamo』が本来伝えたい“想い”や“メッセージ”が、明確にはお客様へ届いていない。今後よりサービスを拡大させていくためにも、社内外へコンセプトをしっかり掲げていきたい」という課題解決のために制作したのがこのブランディング映像です。

『cowcamo』内で提供されている個性的な物件を擬人化して東京都内の様々な街に登場させ、ナレーションでコンセプトを詩的に訴求し、サービスのコンセプト、次世代のパイオニアであることを表現しています。

【一社限定】ブランディング映像をおトクに制作

ベンチャー/スタートアップのみなさん。クラウドソーシングや自動動画生成ツール、AIでは実現できないようなハイクオリティな映像を作りませんか。2020年1月31日(金)までに大好評につき第2弾 2月28日(金)までにお申し込みいただいた中から一社に限り、スペシャル価格(50万円)で映像を制作します。

当社も9期目のベンチャー企業で、今まさに組織づくりの真っ只中にいます。だからこそ、成長段階にある企業のみなさんの想いに深く理解、共感できるのではないかと考え、今回の応援キャンペーンを実施することになりました。みなさんの想いと企業文化を、映像で最大限に表現させていただきます。

まだ具体的な映像のイメージが湧いていない場合でも大丈夫。私たちは、一社一社のご要望は決められたフォーマットに当てはまるものではないという考えのもと、お客様と綿密に打ち合わせを重ねて、世界にたった一つしかない完全オーダーメイドの映像を制作してきました。

今回もできうる限りの最高のプランをご提案します。

この記事を書いた人

鶴目和孝
エレファントストーンの代表取締役。 Twitter:@tsuruphantstone

鶴目和孝の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事