SPECIAL

【bacter 2018.09】
TWO DAY TRIP IN SAWARA BY HOSTEL Co-EDO

【bacter 2018.09】 TWO DAY TRIP IN SAWARA BY HOSTEL Co-EDO

bacterとは・・・エレファントストーンのクリエイターが毎月1人ずつディレクターとなり、完全オリジナルの映像を制作して配信している、アウターブランディングサイトです。自らの個性を表現する場なので、ルールを設けておりません。クライアントワークとは一味も二味も違った映像をお楽しみいただけます。

企画概要

東京から車で約1時間半のところに、”小江戸”と称される町があるのをご存じですか。
千葉県香取市佐原――

千葉県香取市佐原

歴史的建造物が多く残り、関東地方ではじめて「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された場所です。また、平成28年にはその町並みが「日本遺産」にも認定されました。

歴史的資源が豊富な佐原は成田空港や都心からのアクセスがしやすいことも相まって、日本人だけではなく外国人の観光客からも人気があります。しかし、”日帰り観光地”としての認識が強く、宿泊客が少ないという課題を抱えていました。

そんな佐原を”滞在型観光地”として発展させることはできないか……。そんな提案から、エレファントストーンが運営する『bacter』で、佐原の観光プロモーション映像を制作することになったのです。

担当ディレクターは菅野圭亮

担当ディレクターは菅野圭亮

愛知出身、大阪の大学を卒業し、その後は東京へ……と生活の拠点は移しているものの、「あまり観光や旅行はしてこなかった」といいます。一方、昔から映像とサッカーは好きだったそう。

今も休日は映画を見たりサッカーをしたり。普段の移動中にもNetflixやAmazon Primeなどの作品を見ているとか。(ちなみに最近ハマっているのはAmazon Primeのドキュメンタリー「オール・オア・ナッシング マンチェスター・シティ」らしい!)

そんな彼も「行ったことのない場所へ行くこと、見たことのない景色を見ることは楽しい」とのこと。なぜなら、「非日常を楽しめるから」。今回のbacterを通じてはじめて佐原へ行くことになって、ワクワクしていたようです。

はじめて訪れた佐原の町は、彼の目にどんな風に映ったのでしょうか。
そして、どんな想いを込めて『TWO DAY TRIP IN SAWARA BY HOSTEL Co-EDO』を制作したのでしょうか。

インタビュー記事をbacterの”Magazine”で公開しました。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事