SPECIAL

菅野圭亮/Keisuke Sugano
【映像ディレクターズファイル#001】

菅野圭亮/Keisuke Sugano 【映像ディレクターズファイル#001】

1990年生まれ、愛知県出身。大阪芸術大学映像学科卒業。大学時代より映像制作を開始し、短編映画やMV作りに没頭。卒業制作として監督した中編映画『うたかたの日々』がTAMA NEW WAVE「ある視点部門」入選。2016年エレファントストーン入社。ディレクターとして様々な映像制作に携わる。好きな本:ウラジーミル・ナボコフ『ロリータ』、好きな映画:グレッグ・モットーラ『スーパーバッド 童貞ウォーズ』

  • 映像の仕事をするようになったきっかけ
    もともと映画が好きだったので、映像学科のある大阪芸術大学へ進学しました。卒業後は東京の出版社でアルバイトをしつつ友人と映像の仕事をしていて、2016年にエレファントストーンに入社しました。
  • 最近面白かった作品
    Amazon Primeに入っているサッカーチームのドキュメンタリー「オール・オア・ナッシング ~マンチェスター・シティの進化~」が面白かったです。
  • 休日の過ごし方
    Netflixを観たり、サッカーをしたりしています。
  • 今後やりたいこと
    行ったことのない場所へ行って、見たことなのないものを見たいですね。できれば撮影で海外に行きたいです。

映像作品

TWO DAY TRIP IN SAWARA BY HOSTEL Co-EDO

▼作品に関する記事一覧
HOSTEL Co-EDOを起点に佐原を”滞在型観光地”へ。認識を変えるための映像づくり
【メイキング】Canon「Cinema RAW Light」収録とグレーディング
【INTERVIEW】ディレクターから見た”佐原の町”とインバウンドへの見せ方

2018 New Year Movie

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事