HOW TO・TIPS

海外撮影をスムーズに進行させるノウハウ〜コーディネーター編〜

海外撮影をスムーズに進行させるノウハウ〜コーディネーター編〜

海外撮影は日本での撮影とは事情が異なります。台湾での撮影をした際に、現地の事情や環境に精通したコーディネーターにサポートを依頼したところ、予想以上にスムーズに進行することができました。コーディネーターに依頼した仕事内容や撮影スケジュールをノウハウとしてお伝えします。

現地スタッフを手配した撮影体制

今回の台湾での撮影には、「ディレクター」「プロデューサー」「カメラマン」「コーディネーター」の計4名が日本からのスタッフとして参加しました。そのほかの、「撮影助手」2名および「照明部」2名は現地スタッフに依頼しました。

なぜ撮影助手と照明部は現地スタッフに依頼をしたのかというと、予算の観点から交通費のコストがかからない選択をしたためです。日本から台湾への4人分の往復交通費を抑え、それ以外の部分にあてました。

ホームでの撮影に近づけるのがコーディネーター

以下は、コーディネーターに依頼した主な役割です。
・通訳
・現地撮影の許可取り
・レンタカーなどの移動手段の手配
・現地スタッフ(撮影助手と照明部)の手配
・撮影機材の手配とピックアップ
・食事の手配
・宿泊施設の手配 など
これらの協力をしていただいたことにより、海外撮影を日本での撮影に限りなく近づけることができました。

撮影日数は多めに確保するとスムーズ

実際の撮影スケジュールは以下の通りです。

0日目:コーディネーターとカメラマンが前乗りしてロケハンと事前準備

1日目:他のスタッフが合流して実景撮影→工場ロケハン

2日目:工場の撮影

3日目:機材の返却→帰国

海外撮影の場合は、通常よりも長めのスケジュールを確保することをおすすめします。今回はコーディネーターとカメラマンに現地へ前乗りしていただき、ロケハンや機材チェックなどの事前準備をお願いしました。この日があったからこそ、その後2日間の撮影が段取りよくに進行できたといえます。
天候に左右される撮影の場合は、念のため予備日も確保できるとなお良いでしょう。

慣れない海外での撮影を支障なく進行するために重要なのは2つ

ひとつは現地に詳しいコーディネーターに依頼をすること。そして、スケジュールに余裕を持たせることです。エレファントストーンは海外撮影が必要な案件も対応可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事