HOW TO・TIPS

ドローン撮影をしてみよう~飛行空域編~

ドローン撮影をしてみよう~飛行空域編~

かつて空中から撮影(空撮)するためには、ヘリコプターを借りて空中から撮影するのが一般的でした。しかし、今やそれはドローン(無人航空機)にとって代わり、価格を抑えた撮影が可能となっています。

例えば、エレファントストーンの事例でいうと……
以下のMVでイントロの山々から街を見下ろすシーンをドローンで撮影しています。

さて、ここではドローン撮影をしてSNSで公開したい人や、ドローンを用いた映像制作をしたい人向けに、ドローン撮影についてのノウハウを少しずつ公開していきたいと思います。今回は空域編です。

ドローン撮影については、ドローンを飛ばしたところ何かとぶつかってしまったなどの事故が相次いだために、2015年12月10日以降は飛行可能空域が制限されています。

ドローンの飛行撮影可能空域について

出典:国土交通省

上記のA(空港等の周辺の空域)、B(地表又は水面から150m以上の高さの空域に関しては、基本的に飛行は難しいと考えていいでしょう。一方で、C(人口集中地区の上空)に関しては許可を取得すれば飛行が可能で、弊社も通年許可をとっています。

A、B、C以外の空域については特に許可申請の必要もなく飛行可能です。

撮影予定地が飛行可能かを調べる方法

ドローンを飛ばしたい地域が撮影可能かどうかを自己判断するのは難しいですよね。

弊社の場合は、ドローン撮影を希望されているお客様との打ち合わせの際に飛行場所の住所を伺い、DJIのサイトにある「安全飛行フライトマップ」で飛行可能かどうかを確認しています。

安全飛行フライトマップで実際に群馬県高崎市で調べると、以下のように表示されます。

出典先:安全飛行フライトマップ

この地図でいうと、青マークが空港、ヘリポート、緑マークが飛行可能施設。そして、赤い線で囲まれた部分が人口密集地域、つまり上記の国土交通省のケースでいうと(C)に該当することがわかります。

飛行OKかNGかは事前に確認を

ドローンを使用するとダイナミックで魅力的な画を撮影することができます。ただし、法令やルールの整備が進んでいるため、正しい使い方を守り、安全な操縦を心がける必要があるでしょう。

▼関連記事
ドローンを買ってみよう!プロ向け/一般向けのおすすめの3機体を紹介
ドローン検定って何?受験するメリットとは


ZOORELを運営するエレファントストーンは、「FOCUS ON YOUR HEART.(あなたの想いは、象れる)」をコンセプトに完全オーダーメイドの映像を制作しています。強みは”柔軟な編成力”と”制作の内製化”。企業紹介やWEB動画、商品・サービス紹介、観光ムービー、不動産映像、ドラマなど幅広い実績があります。動画制作・映像制作をご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/黄鳥木竜
大学卒業後、複数のサイトを運営しZOORELでも編集及び寄稿。物覚えは悪いが好奇心だけは人一倍強い。

ZOOREL編集部/黄鳥木竜の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事