MARKETING

YouTube動画の最適な長さとは? 上限を15分→12時間にする方法

YouTube動画の最適な長さとは?  上限を15分→12時間にする方法

YouTubeには、1分間に400時間以上の動画がアップロードされています。たくさんの動画の中から再生されても、途中で離脱されてしまう場合も少なくありません。視聴者を飽きさせず最後まで観てもらうために、YouTube動画の最適な長さを検証してみましょう。

YouTubeにアップロードできる動画の長さは?

YouTubeにアップロードできる動画の長さは、デフォルトでは15分までとなっています。15分より長い動画をアップしたい場合は、パソコンから「 https://www.youtube.com/verify 」のアドレスにアクセスをして、手順に沿ってGoogleアカウントの確認手続きをしてください。

アップロードできるファイルの最大サイズは、128GBまたは12時間のいずれか小さい方です。
『YouTubeヘルプ』15分を超える動画のアップロード

上限12時間までアップロード可能になるYouTube動画。ではいったい、どのくらいの長さの動画を制作すればいいのでしょうか。

映像の長さを決めるのはジャンルによる「暗黙のルール」

映像には、このジャンルならこれくらいの長さがいい、という暗黙のルールがあります。つまり、「ジャンル毎の決まった時間を超えると長く感じる」=「離脱」されてしまいます。

身近な映像の長さの例

それでは、ジャンル毎の決まった時間を身近な例でみていきましょう。

  • ゴールデンタイムのテレビ番組:1時間
  • 映画:2時間
  • CM:15秒または30秒

視聴者はジャンル毎の決まった時間内であれば、最後まで違和感なく観ることができます。裏を返すと、1分以上続くCMは長く感じ、3時間以上の映画は観る意欲を失ってしまうでしょう。

形式を変えれば、長い映像でも視聴者は飽きない

ジャンル毎の決まった時間を利用して、長い映像を観てもらえる方法があります。
例えば、通常1時間のテレビ番組は、タイトルに「特番」「スペシャル」と加えることで、同じ番組内容であったとしても2時間以上観てもらうことができます。

また、ショッピングチャンネル風に映像制作すれば、同じ宣伝映像でも30分の番組として成立します。1分でも長く感じてしまうCMと比べると、何十倍もの宣伝効果をあげることができるでしょう。

動画制作をする際には、視聴者の認識時間を把握すること、そして、ジャンルを上手く利用した工夫が大切になってきます。

YouTube動画の最適な長さは?

ではYouTubeの場合、視聴者の認識時間はどれくらいになっているのでしょうか?現在アップロードされているYouTube動画から、ジャンル毎の視聴者の認識時間について傾向を探ってみました。

「料理レシピ」「おもしろ動画まとめ」「企業PR」という3つのキーワードでYouTube動画を検索。視聴回数順に並び替え、上位から100本の動画を対象に長さを調査しました。

料理レシピ

「料理レシピ」では、3分以内にテンポよく編集されたものが多くなっています。

おもしろ動画まとめ

「おもしろ動画まとめ」は、10分程度のものが一番多く、15分以上の長い動画も多数あるのが特徴的です。面白い動画をまとめたものは、長時間でも人気があることが伺えます。

企業PR

「企業PR」は、ほとんどが3分前後におさめられています。企業PR動画は3分を基準に制作するといいでしょう。

制作する動画の長さを決める

映像制作する際はまず、制作しようとしている動画の種類やジャンルにおける長さの傾向を探り、視聴者が認識している時間よりも長くならないようにする必要があります。

伝えたい内容が多く、どうしても長くなってしまう場合は、1本あたりの時間を短くしてシリーズ化するのもいいでしょう。また、CMをショッピングチャンネル風にするなど、あえて少し違うジャンル風に作ると、視聴者の興味をひき、離脱されない動画にすることができます。

まとめ

動画制作のコツは視聴者の傾向を探ることにあります。スマホの普及やSNSの流行など、時代によって人々の時間感覚は変わっていきます。動画制作・公開のタイミングで人々の時間感覚を把握し、それをもとにYouTube動画の長さを決めていくことが、離脱されずに最後まで観てもらえる動画を制作するポイントです。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事