MARKETING

【動画メールの作り方】メルマガに活用してマーケティング効果アップ

【動画メールの作り方】メルマガに活用してマーケティング効果アップ

エレファントストーンでは月1のメルマガ「月刊エレファントストーン」を配信しています。(正確にいうと、配信しはじめたところです。)その時に取り入れているのが「動画メール」という方法。その名の通り動画を埋め込んだメールを指します。

※実際のメールでは15秒程度の動画が表示されています。

なぜこの方法を取り入れているのかというと、まず第一に映像制作会社らしいメルマガにしたいから。そして、最後まで読んでもらうために開封時のインパクトを意識しています。

この動画メール、もしかすると企業様のPRや追客にも役立つのでは……? そんな風に思ったので、ここでは動画メールの作り方を順を追って説明していきます。

使用したのは「Vmail」と「WiLLMail」

Vmail

Vmailは一言でいうと、簡単に動画メールを制作できるサービスです。ソースを発行してHTMLメールのテンプレートに挿入すれば、様々なデバイスでの動画再生が可能になります。

YouTube動画の埋め込みタグではダメなのか? と思うかもしれませんが、実際のところHTMLに対応したタグはありません。他にも動画をメールで表示させる方法はあるものの、対応しているメーラーが少なかったり、低画質だったりと、なかなか不都合……。そこで、ひとつのソースでどんなデバイスにもエラーなく送信できるVmailを採用しました。

WiLLMail

WiLLMailはメール配信システムのひとつです。ドラッグ&ドロップで簡単かつ感覚的にHTMLメールを作成できるため、知識がまったくない人でも安心。配信後には開封数やクリック数、コンバージョン数などが確認できるので、効果検証も行えます。

動画メールの作り方

まずは「Vmail」で動画のソースを発行します。

1.「Vmail」にログインして「新規作成する」をクリック

Vmailに登録をしてログインをすると、画面の上部に「新規作成する」のボタンが表示されるので、まずはこちらをクリックします。

2.動画をアップロード

次に表示されるのが動画のアップロード画面。

配信目的の項目は「メール配信」を選択したままで問題ありません。画像に※で記されている通り、1ファイルあたり最大30MBまでしかアップロードできないため、長さや容量の調整が必要です。

3.メール内の動画作成

次の画面でアニメGIFを作成することができます。

アップロードした動画を、1〜30秒までの好きな秒数で切り取ります。メルマガを開封すると表示されるのが、このGIF動画。

再生時間が長いと読み込みに時間がかかるうえに、最後まで見てもらえない可能性が高まってしまうため、長くても10秒程度で設定するのがおすすめです。

4.各種設定

「各種設定に進む」のボタンをクリックすると、以下の画面が表示されます。

テスト配信をする場合の公開日は3日間のみですが、本番配信をする場合は公開日を2週間まで設定可能。リダイレクトURLには、動画再生完了時の遷移先URLを任意で入力できます。また、クリック設定では、再生時に動画をクリックした時に、動画再生ページもしくは任意のURLに遷移する設定ができます。

その他、
・ループ再生のON / OFF
・ミュートのON / OFF
・再生回数指定
・冒頭に3、2、1のカウントダウン挿入
・再生時間の表示 / 非表示
・最終コマに「続きを見る」「詳しくはこちら」を表示する

といった詳細な設定もこの画面から行えます。

5.ソース発行

ここまできたら、あとはソース発行のみ。

フルビデオ対応「する」にチェックを入れると、インライン再生可能な端末にはGIF動画ではなくフルビデオを表示されます。「ソースをコピーする」をクリックすtれば、Vmailでの操作は完了です。

「Vmail」で発行したソースを「WiLLMail」へ

6.Myコンポーネントを「新規作成」

画面上部の「メール」項目の中にある「共通管理」クリックすると、以下の画面が表示されます。いくつかタブがあるので、その中の「Myコンポーネント管理」をクリック。

そして、画面の右上部にある赤い「新規作成」ボタンから新しいMyコンポーネントを作成します。

7.コンテンツ部分に「ソース」を貼り付けて登録

コンポーネント名は分かりやすい名前をつけましょう。テスト動画の場合は「テスト_動画名」などがおすすめ。本番の際は本番用の名前を用意してください。

コンポーネントの種類は「HTML」のままでOK。その下のコンテンツの欄にVmailで取得したソースをペーストします。そして、そのまま「登録」をクリックします。

8.コンテンツ編集でMyコンポーネントから追加する

メルマガの編集画面がこちら。(具体的なメルマガの作成方法については省略します)

メール管理の「コンテンツ編集」からメルマガの詳細な編集ができます。この時、画面左側に「Myコンポーネント」のタブがあるので表示しましょう。先ほど登録したコンポーネントがあるはずです。

あとは、コンポーネントを右側へドラッグ&ドロップ。動画が表示されることを確認し、保存してください。

9.テスト配信で表示を確認する

最後に先ほどの画面右上「その他の操作」から「テストメール送信」を選択。自分のメールアドレスを入力して「決定」をクリックすると、件名に[ WiLL Mail Test ]と入ったテストメールが届きます。開封した際に動画が表示・再生されれば成功です。

まとめ

VmailもWiLLMailもはじめて利用しましたが、いずれも操作方法はそこまで難しくありませんでした。いつもと違うメルマガを配信したい方。また、追客方法のひとつとして動画メールを取り入れたい方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事