HOW TO・TIPS

ドローン検定って何?受験するメリットとは

ドローン検定って何?受験するメリットとは

無人航空従事者試験、通称”ドローン検定”をご存じでしょうか。試験は年に6回、奇数月に開催されており(2019年2月現在)、次回は3月17日(日)に実施予定です。

公式サイトによると、ドローン検定が実施されるようになった背景として下記の記載があります。

無限に広がる「空」という空間は、今後も新たな活用が期待されていますが、その一方で事故や事件が発生しており、適切な知識と技量をもって無人航空機を活用することが求められています。

 

ドローン検定協会では、無人航空機を取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その資質向上と周囲の方への理解を広めることを目的として無人航空従事者試験(ドローン検定)を実施しています。

 

——無人航空従事者試験【ドローン検定】公式サイトより

試験はすべて筆記によるもので、基礎知識・物理学・工学・気象・専門知識・法令から出題がされます。1級から4級に分かれていて、どの級も4択によるマークシート方式で全50問からなります。

1問の配点は2点、80点以上で合格。ということは、11問以上間違えたら不合格……と難易度が高いように感じるかもしれませんが、全体の合格率は約70〜75%と数字でみるとそこまで高くはないようです。(受験する級ごとの合格率は幅がある可能性はありますが)

ドローン検定に合格すると、以下のような大きなメリットがあります。

・国土交通省への許可承認申請時に操縦者の資格について証明書を添付できます
・基礎技能講習(国交省認定)を受講する際に座学1(4時間)が免除されます
・ドローンの安全な活用に必要な最低限の知識を確実に身に着けることができます

——無人航空従事者試験【ドローン検定】公式サイトより

これらはほんの一部ですが、一言で言うと「ちゃんとドローンを操縦できるという証明になる」というわけです。また、座学のテストだけでなく操縦を学ぶ基礎技能講習で一部の科目が免除されるようです。

平成27年に行われた第1回テストでは30名程度だった受験者も、平成28年9月以降は毎回1000人を超えている状況。実に40倍にまで成長しています。恐るべしドローン検定! といったところでしょうか。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事