MARKETING

Instagramをビジネス活用する際のポイントは?動画でも世界観を意識

Instagramをビジネス活用する際のポイントは?動画でも世界観を意識

写真や動画をシェアできるSNSとして幅広い世代から支持されているInstagram。2018年6月には全世界での月間アクティブユーザーが10億人を突破しました。最近は24時間で投稿が消えるストーリーズが人気です。タイムライン投稿およびストーリーズに表示される商品にタグ付けをして、商品詳細ページへ誘導できる「ショッピング機能」の提供も開始され、ますます用途が広がっています。

多くの企業がSNSマーケティングに乗り出しているなか、Instagramも積極的に活用していきたいツールのひとつといえるでしょう。

アカウント運営のポイント4つ

1.プロフィールページにこだわる

ユーザーの多くは新しくフォローをするかどうかを、プロフィールページを見て瞬時に判断しています。ビジネスユースであれば、プロフィールページを開いて最初に目に入るプロフィール文最新の画像9枚は特に意識したいところです。

ブランドロゴやコーポレートカラーを意識するなど、統一感のあるページにしましょう。また、公式HPなどのリンクも必ず掲載してください。

2.世界観を表現する

Instagram運用でキーワードとなるのは文章よりも「画像」。静止画でも動画でも、投稿する際のビジュアルにはこだわりたいものです。というのも、ビジュアルが世界観をつくり、その世界観にユーザーは興味を持つからです。

トンマナ(トーン&マナー)のルールを設け、投稿によってアカウントのイメージがブレないようにするのもいいでしょう。また、タイムラインにアップロードできる動画の尺は3秒から60秒と限定されています。この限られた時間で、どのように世界観を詰め込むかもカギです。

3.ハッシュタグをつける

InstagramはTwitterやFacebookとは異なり拡散性がありません。タイムラインに流れてくるのは、自分がフォローしている人の投稿のみです。そのため見たい画像や動画がある場合は、ハッシュタグ検索をするのが基本

ハッシュタグは一投稿に30個まで付けられます。投稿内容にマッチしたハッシュタグを積極的に取り入れてみましょう。逆にいうと、ハッシュタグを付けなければ、フォロワー以外の人に投稿を見てもらうのは困難です。

4. 継続的な運用を心がける

基本的なようで難しいのですが、「継続は力なり」です。場当たり的に投稿するのではなく、日々根気強くコツコツと画像や動画を運用していくこと。そして、何かイベントがあるときは戦略的に投稿していくことが大切です。

動画を使った国内企業アカウント3選

Instagram公式サイトでは、いま人気を集めているアカウントをチェックできます(Instagram 人気ランキング)。例えば、2018年10月中旬現在、「国内ユーザー」カテゴリの人気アカウントナンバーワンは、お笑い芸人 渡辺直美さん。「海外ユーザー」では、人気ナンバーワンはInstagram公式アカウントですが、2位はアメリカの女優、歌手 セレーナ・ゴメス。

このように芸能人やモデルなど、セレブが積極的に使っている印象の強いInstagramですが、意外にも多くのフォロワーを集めている人気の企業アカウントもたくさんあります。

ここでは、動画を使っているアカウントの事例を見ていきましょう。

MUJI無印良品

無印良品のアカウントは白を基調としており、全体的に統一感があります。無印良品というブランドがもつシンプルさと品質の良さを感じさせる写真や動画がアップロードされており、動画の場合はより商品の使い心地や質感、魅力視覚的に伝わりやすく表現されています。

米スターバックス

米スターバックスは、Instagramで動画共有機能がリリースされるやいなや、使いだした企業アカウントのひとつです。

静止画同様に、店内に入店したところから一杯のコーヒーが出てくるところまで表現した動画もスタイリッシュな作りで、スターバックスのもつ企業イメージをアピールしています。動画であろうと静止画であろうと、企業やブランドがもつイメージをきちんと体現したものを制作していくという好例です。

ケイトスペードNY

服飾ブランドのケイトスペードは、企業アカウントの中でも比較的多くのInstagram動画を活用しています。どの動画もショートムービー風の作りと、ップでカジュアルな色味が魅力。 商品を手に取ったときや、プレゼントの箱をあけたときのようなワクワク感をうまく表現しています。

まとめ

Instagramのアカウントをビジネスユースで運営する場合、今回ご紹介したポイントを押さえたほうが効果は見込めるはずです。さまざまな言葉で訴えるよりも、1枚の画像、1本の動画のほうがより多くの人々の心を惹きつけることがあります。画像や動画に特化したSNSという特長を活かし、Instagramで新しいアプローチを進めてみましょう。

▼Instagramに関連する他の記事
Instagram「ストーリーズ」の動画広告制作で注意すべきこと
縦型動画を取り入れる前に考えたい「縦型とフィットする内容」


ZOORELを運営するエレファントストーンは、「FOCUS ON YOUR HEART.(あなたの想いは、象れる)」をコンセプトに完全オーダーメイドの映像を制作しています。強みは”柔軟な編成力”と”制作の内製化”。企業紹介やWEB動画、商品・サービス紹介、観光ムービー、不動産映像、ドラマなど幅広い実績があります。動画制作・映像制作をご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事