HOW TO・TIPS

映像制作にも使えるフォントの選び方。ポイントは読みやすさ?視認性?

映像制作にも使えるフォントの選び方。ポイントは読みやすさ?視認性?

デザインや映像を制作するうえで重要なポイントのひとつがフォント選びです。書体の基礎知識を学んでおけば、感覚的ではなく、用途や目的に応じたロジカルなフォント選びができるようになります。

フォントは大きく「セリフ」と「サンセリフ」に分けられる

フォントはセリフ(ひげ、うろこ)と呼ばれる飾りがついている「セリフ」と、飾りがついていない「サンセリフ」の2種類に大きく分けられます。サンセリフの”サン”とは、フランス語で「ない」という意味。要するに、先端の飾りがないということです。

セリフがあるものを英文だとセリフ、和文だと明朝体といい、セリフがないものは英文だとサンセリフ、和文だとゴシックといいます。

 

セリフ/明朝体は文字が細く、読み手に負担を与えないのが特長です。読みやすさを重視したい場合は、こちらを選択するといいでしょう。長文での使用にも向いています。
一方でサンセリフ/ゴシック体は視認性重視を重視する場合におすすめ。例えば重要な単語や見出しなど、文字を目立たせたい時に向いています。

フォント選びに役立つツール

■Wordmark.it

自分のPCに入っているフォントを、Web上で一覧表示できるツールです。いちいちプルダウンからフォントの決定を行う必要がないため使いやすいのが特長。

使い方も簡単で、トップ画面を開くと表示されている「enter a word or a phrase」の部分にテキストを入力するだけです。

アルファベットの場合は「aa /Aa / AA」の表示切り替えが可能。また、「三日月」アイコンで白黒を反転させたり、「−」「+」アイコンで文字サイズを変更したりできます。
Wordmark.it

■fontface ninja

Web上のフォント情報を知ることができるツールです。Google Web Storeから拡張機能を追加しておけば、好きなWebページを開いてカーソルを合わせるだけで使用されているフォントの情報を得られます。
fontface ninja

▽こちらの記事も読んでもらえたら嬉しいです。
いいフォントとは? フォントの基礎知識と管理の話
セリフ体が絶滅する? ブランドロゴに見るフォントの潮流


ZOORELを運営するエレファントストーンは、「FOCUS ON YOUR HEART.(あなたの想いは、象れる)」をコンセプトに完全オーダーメイドの映像を制作しています。強みは”柔軟な編成力”と”制作の内製化”。企業紹介やWEB動画、商品・サービス紹介、観光ムービー、不動産映像、ドラマなど幅広い実績があります。動画制作・映像制作をご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事