SPECIAL

大西充/Mitsuru Onishi
【映像ディレクターズファイル#003】

大西充/Mitsuru Onishi 【映像ディレクターズファイル#003】

1980年生まれ、三重出身。小さい頃から映画が好きで映像の専門学校へ。16mmフィルムで撮影や編集など貴重な経験を経た後、芝居の演出助手やステージ・イベント関係の仕事を経験。前職の経験から特にイベントのOP映像や展示会での企業VPなど派手な映像を得意としています。趣味はフットサルをしますが、身体がついてきてくれません(笑)映画は、70’s 80’s のアメリカが好きで、監督だとウディ・アレン、脚本だとニール・サイモンが好きです。

  • 映像の仕事をするようになったきっかけ
    中学生くらいの頃に、クリント・イーストウッド監督の『パーフェクト・ワールド』という作品を観たのがきっかけです。内容が重たくて、自分もそういう映像を作りたいと思うようになりました。
  • 最近面白かった作品
    『人生タクシー』というイランの映画監督の作品が面白かったです。ドキュメンタリーのようなフィクションで、監督がタクシーの運転手をやっているところへ色々な人が乗車してきて、普段は見えないイランの人々の生活や思考が垣間見えます。その監督はイランで”20年間、映画制作を禁止”されていたにもかかわらず、本作を作ってしまって……結果的にベルリン国際映画祭の金熊賞を受賞したんですよ。

映像作品

Same old stuff, different day.

▼作品に関する記事一覧
「Same old stuff, different day.」はエディターの映像作品
「Same old stuff, different day.」のCG制作を、5つのパートに分けて解説
【INTERVIEW】「考えさせられることが多々あった」10年ぶりの自主制作映像

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事