MARKETING

「インフォマーシャル」の効果を最大化する3つのポイント

「インフォマーシャル」の効果を最大化する3つのポイント

「インフォマーシャル」という動画広告カテゴリーをご存じですか? 日本では「ジャパネットたかた」のテレビショッピングがその代表例。「インフォメーション」と「コマーシャル」をドッキングさせた造語で、情報と広告を組み込んだ動画手法を指します。

今から20年ほど前にアメリカで作られ、ショッピングチャンネル全盛時代を築き上げた黄金手法ともいえます。今やテレビはもちろんのこと、インターネットや企業のブランディング戦略や選挙活動にまで、インフォマーシャルの要素は使われているのです。

また、ネット通販の急成長とともにネットマーケティングにも大きく台頭しています。今回は、通常のテレビCMとの違いや魅了してしまう制作手法、それらの効果についてご紹介します。

インフォマーシャルとテレビCMの違いは?

一番大きな違いは動画の尺の長さにあります。テレビCMは通常15秒〜30秒ですが、インフォマーシャルは最低でも60秒以上のものがほとんど。中には1時間という大作もありますから、制作意図がテレビCMとは大きく異なることがお分かりいただけるでしょう。

30秒以内という短さで知名度を高めブランドイメージを視覚的に伝えるCMに対し、インフォマーシャルは商品の誕生、商品価値、そしてユーザーへのインタビューまでをも盛り込むので、どうしても長めの動画になってしまいます。

しかし面白いことに、インフォマーシャル業界では尺が長くなればなるほど、訴求力が高まり、購買につながるといわれています。ただ、これもはじめから長めの動画を見せるのではありません。60秒から始まり、90秒、120秒、180秒、4分、そして29分、55分とさまざまな尺の動画を作り、時間帯・ターゲット・訴求商品などでベストの長さのものを選んで使われるのです。

もうひとつの大きな違いといえば、「ユーザーが動画を最後まで見終わったら、即座に商品購入へと誘導できること」でしょう。まさに「今でしょ!」というフレーズが、インフォマーシャルのコンセプトにはぴったりといえます。

効果を最大化する3つのポイント

「深夜のテレビショッピングを見ていたら、ついつい衝動買いしちゃった……」。こんなぼやきはよく聞きますね。これがインフォマーシャルの最大の効果であり、武器ともいえます。何気なく見てしまう理由と「これがあったら○○かも」という想像を働かせるために、以下3つのどれかを動画内に取り入れているのです。

1. 誰もが知っているものと比較し、違いをはっきり見せる

新しい商品の特徴や説明には、まだ知られていない成分や構造が含まれていることがよくあります。それをそのまま伝えても、優れている点や他とは違う点が伝わりにくいです。

そのため、誰もが知っているであろう有名なデータや商品と比較した数字を見せることで、より優れていることをプレゼンできます。

2. 目の前で比較実験をする

画面を2つに区切り、自社の従来品と新商品を並べて、同時に効果を視覚的に見せる方法です。他社製品と比べてしまうと、双方のブランド名を傷つけることにもなりかねません。

自社の製品と比べてどういった点で優れているかを見せることで、誠実さのアピールにもつながります。

3. 実際の体験談を伝える

ターゲット属性に近い顧客ユーザーに事前に商品を渡し、「使用した前後でどんな変化があったか」の体験談をインタビューして、番組内に盛り込む手法です。広告感を抑えられますし、「これを買えば自分も変わるかも」と想起させ、 購入意欲を刺激します。

本場アメリカでは上記の3点に加えて、有名女優やカリスマ文化人らが告白めいた体験談を涙ながらに語るトークショー風に仕立てたり、エロティズムを想起させたりする演出も。定価を表示したうえで「15分以内の注文ならさらに値引きします!」といったプライスコールが行われています。

消費者心理を研究し尽くしたインフォマーシャルは、インターネットでの掲載も増えてきているのが現状です。いずれもSNSを使ってシェアしやすいコンテンツになるように演出されており、バイラルマーケティングの主軸になってきています。

動画マーケティングはテレビCMからインフォマーシャルへ

今後、消費の主流となってくるであろうネットショッピングにおいて、動画が最強の販売ツールになることは確かです。今までテレビCMに多額の予算を計上していた企業も、ネット専門の動画広告の効果を期待し、移行してくるでしょう。

広告とは一見わからないストーリー性の高いコンテンツや、事実を元にしたドキュメンタリー風の動画など、ネットでふと目に止まる動画コンテンツの数々。

思いがけない知識やデータ、購入者たちの体験談がシェアされて広がるインフォマーシャル効果にこれからも目が離せません。

▼関連動画
動画広告でブランディング効果を高める3つのポイント
YouTubeを動画マーケティングに活用する5つのポイント

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事