HOW TO・TIPS

絞り値(F値)の基本
【デジタルカメラの基礎講座(第9回)】

絞り値(F値)の基本 【デジタルカメラの基礎講座(第9回)】

前回のデジタルカメラの基礎講座はアスペクト比(縦横比)について説明しました。ここからのテーマは「露出の三角形」です。

映像や写真の写り方を決める最も基本的な3つの要素「絞り値(F値)」「シャッタースピード」「ISO」を、「露出の三角形」といいます。この3つの組み合わせによって画が決まるため、狙っている画やその時の状況に合わせて、それぞれの数値を設定をしながら撮影を行います。

今回はまず、「絞り値(F値)」についてご説明します。

絞り値(F値)とは?

絞り値とは、これまでの講座で説明してきた「撮像素子(イメージセンサ)」に写る像の明るさのことです。F2、F2.8、F4、F5.6……というように表されます。

絞り値を変えると、「明るさ」と「被写界深度」が変わる

絞り値の数値を調整すると、レンズの穴が開いたり閉じたりして大きさが変わります。これにより、「明るさ」と「被写界深度」の2つが変わります。

「明るさ」が変わる

絞り値を大きくすると、絞りが絞られるためレンズを通る光が少なくなり、暗い画になります。反対に、絞り値を小さくすると、絞りが開かれるためレンズを通る光が多くなり、明るい画になります。

「被写界深度」が変わる

「被写界深度」とは、ピントの合う範囲のこと。手前から奥までピントが合っている状態を「被写界深度が深い」、ボケやすい状態のことを「被写界深度が浅い」という言い方をします。

絞り値を大きくすると、絞りが絞られ被写界深度が深くなり、反対に絞り値を小さくすると、絞りが開かれ被写界深度が浅くなります。

例えば、手前の”花”だけを強調する場合。それ以外の部分をあえてボケさせることで、特定の部分に意識を集中させることが可能になります。ただ、同時に明るさが暗くなります。

次回予告

次回のデジタルカメラの基礎講座では、露出の三角形の「シャッタースピード」について取り上げたいと思います。

▽デジタルカメラの基礎講座
第1回:基本的な構造と各パーツの特性
第2回:カメラの選び方。画質の良さは”3つの要素”で決まる
第3回:撮像素子とは?サイズが大きいメリット、デメリット
第4回:撮像素子「フルサイズ」と「APS-C」の違い
第5回:撮像素子のサイズ比較「スーパー35mm」が業界のスタンダード
第6回:画像処理エンジンとは?rawデータで撮影するメリットとデメリット
第7回:4Kってどういいの?映像の”解像度”とは
第8回:アスペクト比(縦横比)とは?
第10回:露出の三角形「シャッタースピード」の基本
第11回:露出の三角形「ISO感度」の基本

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事