MARKETING

YouTubeを動画マーケティングに活用する5つのポイント

YouTubeを動画マーケティングに活用する5つのポイント

動画配信サイト最大手のYouTubeをマーケティングで効果的に活用するためには、どうすればいいのでしょうか。動画を使って売り上げを伸ばすにはコツがあります。今回は、YouTubeで動画マーケティングを成功させるための5つのポイントをご紹介します。

YouTubeの活用方法5つ

1.自社チャンネルで宣伝を行う

実際に動画を視聴してみると、どんな動画をどのように配信すれば喜んでもらえるのか、ユーザー視点に立って考えることができます。そのうえで、試しに動画をいくつか制作し、自社のYouTubeチャンネルで紹介していきましょう。動画が増えてくれば、自社の動画チャンネルとして宣伝にも役立ちます。

2.動画コンテンツとして紹介する

YouTubeに動画をアップ後、その埋め込みコードを取得してブログに掲載すれば、Webサイトからも動画を閲覧できるようになります。さまざまなコンテンツを通じて消費者とコミュニケーションを図る「コンテンツマーケティング」を行っている企業が増えているからこそ、画像や記事だけでなく、YouTubeにアップロードした動画を紹介してみてはいかがでしょうか。

自社や商品を紹介する動画はもちろん、時には自社以外の動画を事例として紹介するという方法で、コンテンツの種類を増やしていく方法もあります。

3.集客ツールとして使う

YouTubeに動画をアップロードすると、動画検索でヒットしやすくなります。すると、オーガニック流入以外にもYouTube経由でWebサイトへの集客が見込めます。また、SEO対策として、タイトル、説明文、タグに検索でヒットしてほしいキーワードを入れると効果的です。

また、動画を見てくれたユーザーが行動を起こせるように、CTA(=Call To Action:目的の行動を誘導するリンクやボタン)を設置しましょう。チャンネル登録を促すほか、会社名とWebサイトのリンクを紹介することをおすすめします。

4.動画広告を出す

動画広告を出したいときには、YouTubeの利用をおすすめします。その理由は、動画配信サイトとして利用者が最も多く、設定したターゲットユーザーへ直接広告を流すことができるからです。

YouTubeの動画広告はスキップが可能なものがあり、再生されてから5秒後にスキップできるようになっています。もし広告がスキップされたり、30秒以上(それより短い場合は最後まで)見られなかったりした場合は、広告料が発生しないため、広告に興味のないユーザーには広告料を支払う必要がないというメリットがあります。

5.バイラルマーケティングに役立てる

インターネット上で口コミを流行らせて、マーケティング効果を高める「バイラルマーケティング」にも動画は効果的です。YouTubeにはシェアボタンがあるので、簡単にソーシャルメディア上へ動画を共有できます。

また、YouTubeに使い慣れているユーザーは多いもの。多くの人に動画を見てもらいたい場合は、YouTubeを活用するようにしましょう。

動画マーケティングはYouTubeが欠かせない

動画を使ってマーケティングをしようと思ったら、YouTubeは欠かせません。まだ使い慣れていない人は、隙間時間にスマートフォンやパソコンからYouTubeを見る時間を設けることをおすすめします。そして、今回ご紹介した5つのポイントを参考に、さっそく動画マーケティングにYouTubeを活用してみましょう。


ZOORELを運営するエレファントストーンは、「FOCUS ON YOUR HEART.(あなたの想いは、象れる)」をコンセプトに完全オーダーメイドの映像を制作しています。強みは”柔軟な編成力”と”制作の内製化”。企業紹介やWEB動画、商品・サービス紹介、観光ムービー、不動産映像、ドラマなど幅広い実績があります。動画制作・映像制作をご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事